本文へ移動

金融の知識・賃貸編

pen.jpg
マイホームを購入する場合と異なり、細々とした税金などはかからないものの、契約するときにはやはりそれなりの費用がかかります。
最近では敷金・礼金ゼロという賃貸物件も登場して注目を集めていますが、その他にも以下のような費用が発生します。
また、場合によっては管理費もかかりますし、長く住むことになれば更新料も発生します。

敷金

毎月の家賃を滞納した時の立替分や、部屋を退去するときのクリーニング費用として、予め貸し主に預けておくもの。
家賃の二ヶ月分ぐらいが目安と言われています。
基本的には退去時に返還されますが、全額戻らないケースがほとんど。
関西エリアなどの一部の地域では、敷金の代わりに保証金を預けることもあります。
 

礼金

部屋を貸してくれる大家さんにお礼として支払うお金のことで、退去時には返還されません。
関西等、一部地域ではこの習慣はありませんが、最近では関東でも礼金ゼロとする物件が増えています。
 

手付金(預かり金)

契約する際の申し込み金をさします。
キャンセルした場合はこの手付金は戻ってきませんが、本契約の際は敷金などに充当されます。
また、気に入った物件を一時的に仮押さえする場合に支払うのが預かり金ですが、支払う前には「いついつまでに決めます」と期限を伝えておきましょう。
 

仲介手数料

貸主との契約の仲介などの対価として、不動産会社に支払うものです。
家賃の一ヶ月分が上限と法律で定められています。
ただし、自社物件を貸し出す場合は手数料は取れないことになっています。
 

前家賃

契約した日から次の家賃支払日までに発生する家賃を、あらかじめ大家さんに支払うものです。
月の途中から入居する場合、その月の家賃については日割り計算されます。
 

火災保険

賃貸住宅に入居する際には、入居者の負担で火災保険に加入するのが一般的です。
不動産会社が提携している保険に加入するケースが多く、手続きも代行してくれます。
TOPへ戻る